トレンド

IT通になれる魔法のキーワード講座:第2回「IoT」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーイ!!みんな、元気にしてた??私はキャサリン。
気が付いたら、いつの間にか2017年になっていたわね。
忘れられる前にお届けしなくちゃ!
キャサリンの魔法のキーワード講座、第2回のテーマは「IoT」よ!!!

最近よく目にするこの「IoT」。
ここだけの話だけど、私いまだに、この「IoT」って字面が絵文字に見えて仕方ないのよ。
(ToT)みたいじゃない???

IoT=モノのインターネット

「IoT(アイオーティー)」は、もちろん絵文字なんかじゃなくて、「Internet of Things」の略。
直訳すると、「モノのインターネット」
「モノ」をインターネットに接続することで、「モノ」に情報を与えて自動制御や遠隔操作を実現する、その仕組みのことを言うらしいわ。

その仕組みを簡単に図式化したのがコレ↓

Catherine2-2

わかるかしら?(笑)

机とか、椅子とか、冷蔵庫とかの「モノ」に、温度や人の気配、音声なんかを察知する「センサー」を取り付けることで、まずはモノが情報を取得するの。
そしてモノをインターネットと接続させて、センサーが取得した情報を「インターネット(クラウド)」に送る。するとインターネットに蓄積された膨大な「ビックデータ」をもとに、モノが情報に対してどう対処したらいいのかを判断して、ヒトがスマホなどの端末からモノに対して与えた指示に対して、適切な処理をする、って感じかしら?

でも、「IoT」の定義は正直とても幅広いので、これが全てってワケじゃないんだけどね。

あらゆる分野に進出するIoT

実は、「IoT」はすでに私達の暮らしの中にかなり入り込んでいるの。

Catherine2-8
電気ポットが高齢者の生活を見守る
「みまもりほっとライン」
http://www.mimamori.net/

電気ポットでこういう着想するなんて、最初に思いついたヒトはえらいわ~。

Catherine2-3
おはなししながら献立を考えてくれる電子レンジ
ウォーターオーブン「ヘルシオ」
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160706-a.html

家に帰ってボタン1つで温かい料理ができるなんて、独り身にはたまらない魅力☆

Catherine2-5
自動運転技術を応用し、車外からの遠隔操作で駐車可能
BMW「リモート・パーキング」
https://iotnews.jp/archives/20067

これならペーパードライバーでも安心ね!
他にも、こんな面白い発想のサービスもどんどん登場しているわ!

Catherine2-6
空きトイレどこ?ネットで確認 無駄足なし、急病も発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000073-asahi-bus_all

トイレのドアにセンサーを設置することで、オフィス内のトイレの使用状況をリアルタイムで把握することができるようになったそうよ。無駄に足を運ぶ必要がなくなり、集中して仕事できるようになったんだって!

IoTの今後の課題

ただ、モノがインターネットに繋がるってことは、逆に情報が洩れやすくなるのではという危機感は高まるわよね。
Iotが普及するうえで、やはりセキュリティリスクは重要視されているわ。

経営者が考えるべきIoTのセキュリティリスクと5つの対策
https://www.imkk.jp/blog/iot-security-risk.html

高いリスクがあることを十分に自覚したうえで、常に対策を講じながら、暮らしやビジネスの中に取り入れて行くことが必要ね!

どうかしら?「IoT」について、少しは理解できたかしら?
「IoT」は今後、農業や医療、交通など生活と密接したさまざまな分野で飛躍的に技術が発達しそうだから、要チェックよ!
こんなに便利になったら、ますますキャサリンが魔法を使う機会が減ってしまいそうだわ~。

それでは、また会いましょう!チャオ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加